2013年12月02日

ウッドラケットのチェックポイント

IMG_1384.JPG
お客さんからの張り替え依頼品。

オークションで購入した品だそうです。
「張れますか? ドキドキ…」

おう、ジャッククレマーウッドですか!
程度がよいですね。大丈夫ですよ〜

懐かしくて昔のラケットを入手したいのだが、心配なのは
張りかえて使えるのかどうか、ですね。
go for it ! では拝見して問題なければ張りますが
普通のお店では無条件にお断りされることが多いそうです。

ウッドラケットの張り替えに耐えうる程度を見分ける
チェックポイントをいくつか挙げてみましょう。
その項目を知ったうえで実際に見て(または項目を
問い合わせてみて)購入するのがよろしいかと思います。

<折れ・ヒビ>
折れていればわかるだろ〜というなかれ。
木目に沿って入っているヒビはわかりにくいです。
張り始めたらヒビが広がってきて、折れていたのが発覚する
こともあります。全周をじっくり見ましょう。

<反り・変形>
フレームのフェイスの歪みがあると、張ってからその歪みが
大きくなります。チェックの方法はラフとスムースを
回転させて見比べましょう。グリップ握って手を伸ばして
正面でかざし、くるっと反転させます。
同じ形に見えたら大丈夫。
歪んでいると裏表がはっきりわかります。
反り返りはグリップエンドに目を当てて、ヘッドトップに
向けて見てみます。
これもラフスムースを反転させると反り具合がわかります。
同じように見えれば大丈夫。沿っているとヘッドが見えない
面があるでしょう。
平らな床に直置きしてもわかります。歪んでいると裏表で
接し方が違い、ぺったり付く側とカタカタ動く側がでます。

<ストリングホール>
グロメットというプラスティックパーツは付いていないので
溝や穴が掘ってあります。木目に沿っていると陥没するので
わざと格子状に穴が開けてあります。
しかしそれでもストリングが喰い込んで陥没気味なところが
あると、張っていて貫通してしまう可能性もあります。
軽度なら当皮入れたり、ナイロンチューブ入れたりして
保護しますが、これは経験があるストリンガーでないと
判断に困るポイントですね。

いずれにしても、保管状態が良好で使用頻度が少ないウッド
なら大丈夫ですが、適正なストリング選びやテンション設定、
張り方などはベテランストリンガーにおまかせするのが
ベターです。
posted by goforit at 21:16| Comment(0) | ◆ストリンギング

ウッドラケットのチェックポイント

IMG_1384.JPG
お客さんからの張り替え依頼品。

オークションで購入した品だそうです。
「張れますか? ドキドキ…」

おう、ジャッククレマーウッドですか!
程度がよいですね。大丈夫ですよ〜

懐かしくて昔のラケットを入手したいのだが、心配なのは
張りかえて使えるのかどうか、ですね。
go for it ! では拝見して問題なければ張りますが
普通のお店では無条件にお断りされることが多いそうです。

ウッドラケットの張り替えに耐えうる程度を見分ける
チェックポイントをいくつか挙げてみましょう。
その項目を知ったうえで実際に見て(または項目を
問い合わせてみて)購入するのがよろしいかと思います。

<折れ・ヒビ>
折れていればわかるだろ〜というなかれ。
木目に沿って入っているヒビはわかりにくいです。
張り始めたらヒビが広がってきて、折れていたのが発覚する
こともあります。全周をじっくり見ましょう。

<反り・変形>
フレームのフェイスの歪みがあると、張ってからその歪みが
大きくなります。チェックの方法はラフとスムースを
回転させて見比べましょう。グリップ握って手を伸ばして
正面でかざし、くるっと反転させます。
同じ形に見えたら大丈夫。
歪んでいると裏表がはっきりわかります。
反り返りはグリップエンドに目を当てて、ヘッドトップに
向けて見てみます。
これもラフスムースを反転させると反り具合がわかります。
同じように見えれば大丈夫。沿っているとヘッドが見えない
面があるでしょう。
平らな床に直置きしてもわかります。歪んでいると裏表で
接し方が違い、ぺったり付く側とカタカタ動く側がでます。

<ストリングホール>
グロメットというプラスティックパーツは付いていないので
溝や穴が掘ってあります。木目に沿っていると陥没するので
わざと格子状に穴が開けてあります。
しかしそれでもストリングが喰い込んで陥没気味なところが
あると、張っていて貫通してしまう可能性もあります。
軽度なら当皮入れたり、ナイロンチューブ入れたりして
保護しますが、これは経験があるストリンガーでないと
判断に困るポイントですね。

いずれにしても、保管状態が良好で使用頻度が少ないウッド
なら大丈夫ですが、適正なストリング選びやテンション設定、
張り方などはベテランストリンガーにおまかせするのが
ベターです。
posted by goforit at 21:16| Comment(0) | ◆フレーム歴史館

2013年12月03日

年内の営業予定

IMG_1385.JPG
今年のカレンダーはわかりやすいです。
12月29日(日)まで通常営業するつもりです。

みそか、大みそかからお休み。

差し入れいただきました。
風邪から回復の斉藤さんからクッキー、葛飾から遠路はるばる
来ていただいた江頭さんから福岡土産のお菓子。
ありがとうございました〜。
posted by goforit at 21:01| Comment(0) | ◆お知らせ・イベント

2013年12月04日

ESTUSA

IMG_1405.JPG
お客さんからの張り替え依頼品。

ESTUSA=エスチューサと読みます。
もとはボリスベッカーが全英史上最年少「17歳7ヶ月」で
初優勝したときに使用していたプーマのラケットが由来。
独特の下広がりのフェイス形状です。
それを引き継いだ会社が生産したブランドです。
日本ではTarta・タルタスポーツが輸入していました。
現在ではコスモジャパンが代理店です。

EST・USAで「最高級・米国」という意味の造語です。

クナイスルにも似たこのモデル。
Boris Becker KEVRON BKSです。
ちょいフェイスも大きくフレームも厚め。
一般プレーヤーでも楽しめるラケットですね。
posted by goforit at 20:25| Comment(0) | ◆フレーム歴史館

2013年12月06日

12月9日(月)開店時間変更

IMG_1407.JPG
依頼された「プロユーザー治療院&目から鱗レッスン」を
行うために、12月9日(月)の午前中は外出します。

開店時間11時→12時となります。

差し入れいただきました。
「お夜食にどーぞ」
ナッツ入りマーブルクロワッサン。
ありがとうございます渡辺さん。
posted by goforit at 21:28| Comment(0) | ◆お知らせ・イベント

2013年12月09日

ラケットボールE-FORCE

IMG_1406.JPG
以前「ラケットボールの思い切り具合がスゴい!」内容で
紹介したラケットの現物を張り替えました。
↓以前の記事
http://blog.goforit-stringer.com/article/51166348.html

いや〜直接見るとやっぱ思い切りがスゴい(笑)。
サイドの振動吸収用のグロメットパイプがど迫力です。

テニス以外のラケットスポーツの張り替えをすると、おろっ?
これどうするんだ?とストリングの通し方や張り方に
戸惑うことが多いです。
ちょっと頭の体操しているみたいで楽しいけど、意外と
時間がかかったりするので、営業時間外にじっくりと
検討しながら張ります。

そこで柔らかくなった頭で、テニスを張るときの裏技開発に
利用したりしています。
posted by goforit at 21:34| Comment(0) | ◆フレーム歴史館

2013年12月11日

マレーの契約

ps.png
ヘッドの看板選手のマレー。
小耳にはさんだ噂(信憑性はない)ではヘッドからバボラに
契約を変えるのではないか、なんて話があります。

そうなると来週発売決定のピュアストライクを使用するのかも
しれません。
すでにツォンガが試合で使っていますが、マレー使用となれば
ものすごいインパクトがありますね〜。

来季のツアースタート、全豪が注目です。

↓ダンロッププレスリリース
http://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2013/sp/2013_s69.html
12月17日から順次新発売だそうです。
posted by goforit at 20:52| Comment(0) | ◆気ままな日記

2013年12月13日

来年のカレンダー入荷

IMG_1408.JPG
本日やっと入荷しました。

昨年まではヨネックスでしたが、今年からダンロップ・
スリクソン・バボラの住友ゴム工業版に変更。

お待ちかねの方々、年内に間に合うようにおいでください。
例年のごとく無くなり次第終了です。
posted by goforit at 20:19| Comment(0) | ◆店舗のサービス

2013年12月16日

YAMAHAクアトロビート考

IMG_1410.JPGIMG_1411.JPG
お客さんからの依頼品、ヤマハ「クアトロビート」。
創業者、山葉寅楠の名から社名がYAMAHA(ヤマハ)。

科学的に道具を設計することで有名だったYAMAHAが
スポーツに力を入れていたころのテニスラケットです。

もともとはアーチェリー用具の開発から始まったヤマハの
スポーツ用品製造。澁谷が西武スポーツで働いていたころの
担当営業は元アーチェリー選手でしたっけ。

FRP成形技術を活かしてスキー板、テニスラケットを製造。
バブルの影響で1997年以降スポーツ用品事業から徐々に撤退。

旧社名・日本楽器製造でロゴが3音叉であることからわかる
通り、現在では楽器に原点復帰しています。
バイクの発動機部門は分離独立して、派生エンジンを使う
マリン系やスノー系のスポーツでも業績をあげています。

さて、QUATRO BEAT。

約100平方インチの大きさながら、かなり特長的な形状。
実は1994年グッドデザインアワード受賞の名品です。
フェイスのトップとボトム部分が思い切りブ厚く、
縦糸36cmに対して横糸23.5cmと半分の長さにしています。

高反発させる効率を形状設計で計算したデザイン。
かなり軽やかに鋭いショットが打てました。

フレームに記載されていた推奨テンションの数値が異質!
ベストセッティングは縦60ポンドに対して横18ポンド。
長さが2分の1なので強調されているとはいえ、そんなに
差を開いてよろしいものか…。

実はこの数値、ヤマハの開発したストリンギングマシン
「TRUE TENSION」で張った場合の設定です。
ツルーテンションというマシンはプレ・ストレッチ機能を
バネ式マシンで採用した唯一のモデル(だと思う)。
プレストレッチとは指定のテンションにするために、
あらかじめそれ以上の張力で引っ張ってから指定数値まで
戻す方式です。
横糸は縦糸に対して編んでいくため、摩擦がかかり、
同じ数値で張っても半分くらいしか張力が実現できない、
という理論に基づいています。
横糸をしっかり張り上げられるので低い数値となるのです。

さすが理系の会社です。
posted by goforit at 18:54| Comment(0) | ◆フレーム歴史館

2013年12月17日

新年初打ち会のお知らせ

恒例の初打ちイベント開催します。

日時:2015年1月3日 午後12時〜4時ころまで 出入り自由
場所:国分寺界隈
対象:go for it ! で張っている方
内容:好きなようにテニスしてください(笑)
特典:澁谷がプレーを舐めるように拝見します(爆笑)
料金:無料(おお〜) ただし雨天中止です(ええ〜)

<予約方法>
以下のアドレスに「お名前」「参加時間の見込み」「携帯番号」
を記載して参加表明してください。
表題タイトルは「初打ちイベント」でお願いします。
goforit@goforit-stringer.com


12月29日(日)までに予約した方のみ参加できます。
場所と詳細は返送する受付メールでお知らせします。
人数多い場合は先着順とします。

なお、今後張りに来たいというお友達に限り、ゲストとして
数名だけお連れ可能です。

ちょっと打つところ見ただけでも、今後の張りへのヒントに
なります。ぜひプレーを披露してください。
posted by goforit at 18:39| Comment(0) | ◆お知らせ・イベント