2013年10月01日

錦織、緒戦薄氷の勝利

竜馬がロペスにフルセット負け。
調子が非常に悪かったロペスにファーストを取ったものの
その後に突き放すことができず、相手の調子をあげてしまう。
このあたりが最近フルセット「負け」が続いている原因か?

錦織も曲者メルツァーに大苦戦。
ファーストはタイブレークで取られ、セカンドも取られる寸前
相手のサービスゲームをなんとかブレイク。ハラハラドキドキ。
挽回を信じていた観客の応援に応えた。
ここからは勢いに乗ってセカンドを取り返す。
最後は一方的に攻めて逆転勝ち。さすがだ。

伊藤竜馬と錦織の違いは信頼感。
緒戦敗退か?という不安「う〜ん、ここで相手に合わせちゃ
ダメだろう」に対して「さすがここ一本でネバる、キメるね!」
と、しっかり流れを自分の方に呼び込めるかどうかが違う。

おそらく精神的なところなんだろう。
修羅場をくぐった回数でタフな心臓ができあがるのか。
日本選手には優秀なメンタルトレーナーがついて欲しい。
posted by goforit at 19:50| Comment(1) | ◆気ままな日記

2013年10月02日

ウイルソンT-5000

IMG_1360.JPGIMG_1362.JPG
マニアックなお客さんが持ち込んだラケット。

ウイルソンのT-5000。なんと新品です!
残念ながらグリップボトムについているダンパーが欠損。
この部分よく取れちゃうんですよね〜。

ベーシックなT-2000、T-3000とは異なるストリンギング
パターンのセンターフォーカス(真ん中集中)タイプ。
TX-6000に近いパターンです。
posted by goforit at 19:00| Comment(0) | ◆フレーム歴史館

2013年10月04日

錦織アルマグロに破れる

1382341_450734715042293_1894729894_n[2][1].jpg
シード勢が苦境に立たされたベスト4決めの本日。

デ杯で日本との対戦では添田・錦織に2敗したクロアチアの
ドディグが勝ち抜け。1年前とは別人の強さ!
2回戦ではなんとツォンガを破って進出してきた。
連日有明に観戦に向かっているgo for it ! 特派員「ぶぶ」
さんによるとドディグの腹筋は8分割していたそうです。
写真も撮ってくれました。ありがとう。

昨年の準優勝ラオニッチは今回の本命とされている。
とにかくサーブの調子がいい。そのうえストロークなど
その他のショットも洗練されてきた。
ラッコの対戦は6-3、6-3のストレートセットだが、内容は
淡白ではなくラッコにかきまわされた印象。
それでも危なげなく勝ち上がる底力があった。

マレーの代役として1週早くアジアに参戦してくれた1シード
デルポトロだが、気持ちの切り替えがまだ十分ではないか
ドルゴポロフに喰いつかれる。1stを取られた後に
2ndをなんとか取り返し、やっとのことで振り切った。
準決勝からはエンジン全開となるか?

そして錦織。
アルマグロと持ち味を出しあう壮絶な打ちあいをする。
早々にブレイクをしたため、1stセットは楽勝かと思いきや
アルマグロも追いついてタイブレークで取られる。
その油断がまずかった。今になってわかることだが
安易にブレイクを許さず6-4で済んでいたらよかったのに。

次第に錦織に無理がでる。気持ちにあせりがでてチャレンジを
連呼する。ことごとく失敗してストックを減らし、その直後の
ポイントをアルマグロに狙われる。ストックを使い切り、
本当にチャレンジ確認したいときにはできない。悪い流れだ。
なんとか7-5で取り返すも、気持ちも体も限界だった。

ファイナルは腰を痛めてサービスが思うように打てない。
アジアツアーはシーズン最後にあるので皆、万全ではない
だろうが、1stでのターニングポイントが悔やまれた。
posted by goforit at 20:59| Comment(1) | ◆気ままな日記

2013年10月05日

明日は「進撃の巨人」対決

準決勝は2試合とも同じルーツ対決となった。

第一試合はクロアチアの伏兵ドディグに対して、同国
ルービチッチがコーチを務めるカナダ国籍のラオニッチ。
旧ユーゴのセルビア・モンテネグロ出身だ。
同じ地域出身なのが「ッチ」と後に付く名前からもわかる。
クロアチア由来の強力なサーブを武器とする対戦となった。 

1stは強力なサービスを持つ両者のキープ合戦。
ファーストが入れば、ほとんどポイントが取れるのは有利だ。
ブレイクのチャンスは共にないに等しい展開。
お互いとにかくキープして様子を見るしかない状態だった。
タイブレークに入り、ギアをあげて奪いにいったラオニッチ。
このあたりがさすがトップ10プレーヤーだ。

2ndは早々にブレークを狙い、振り切り勝利したラオニッチに
流れをつかむうまさを感じた。

第二試合はスペイン系対決。
スペインのNo.3であるアルマグロ。名前の頭にアルとつくのは
アフリカ大陸からジブラルタル海峡を渡って進出したアラブ系。
顔も濃い(笑)。対してスペインが宗主国アルゼンチンの
デルポトロ。ファン・マルティンがスペイン系らしい名前だ。

内容はアルマグロが走る走る!デルポトロが冷静に対応する。
双方ともサービスが好調で、取りたいときにしっかり取る。
第一試合と同様、行き詰る攻防が続く。
1st2ndとも締まった展開で取りこぼしが少ないポイント争い。
ともにタイブレークを制したデルポトロがきわどく勝利。

ラオニッチ身長196cmにデルポトロ198cm。
高身長・高速サーブと特長がカブる対決は1ブレイクの勝負に
なるのは間違いない。観る側もその瞬間を見逃せないだろう。
posted by goforit at 18:21| Comment(0) | ◆気ままな日記

2013年10月06日

トアルソン新製品「マルチパフォーマンスII」

IMG_1347.JPG
エンジェルフィルムで市場をあっといわせたトアルソンから
また違ったフィルム使いの製品が登場。
とにかく柔らかく、でも打球感があるナイロンのマルチを
追求してできたモデルがこれ。

マルチパフォーマンスIIです。

以前も同名の製品があったそうですが、ちょっと失念…。
短命に終わったそのモデルを心機一転して、フィルムを
使用した新しいスタイルのストリングに仕上げました。

使用した感想は「すごく柔らかい・・わけではない」。
イメージではふにゃふにゃしているのかな、と思いきや
けっこう打ち応えあって、なんだハードヒットもできるぞ。
それでいて確かにホールド感はあるので、万人受けする印象。

色展開は攻めています、トーアさん。
白以外に黒・青・赤・黄と5色あり、さらに130と125の
ゲージが用意されているときた。
う〜ん、モノ系アスタリスクと並ぶマルチ系の柱にしようと
たくらんでいますね。
フィルムをらせん状に巻きつけてあるので、見た目には
スピンガットみたいですが、特に凸凹になっているわけでは
ありません。

Multi Performance II

素材:ナイロン
構造:マルチフィラメント+フィルム巻
長さ:13m
太さ:1.25mm/1.30mm
価格:2,500円

今月も連休あるのでちょっとお試しセールを。
10月末まで、お一人1張りに限り、張り代込4,000円で提供。
色は白限定でゲージは選べます。
「マルチパフォーマンスのブログ記事見た!」と澁谷に
告げてください。

お待ちしています〜。
posted by goforit at 19:57| Comment(0) | ◆ストリング情報

2013年10月07日

錦織二世 中川直樹

tennistm-428263[1].jpg
なんと16歳でフューチャーズ優勝しちゃった若手日本人が登場。

メキシコで行われたフューチャーズ大会(ハード)で福岡出身
世界ランク1912位の中川直樹(16歳)は同ランク736位の23歳
コロンビア選手と対戦し6-3、6-4で勝利し優勝を果たした。

16歳でのフューチャーズ優勝は錦織圭(23歳)以来の快挙。
盛田ファンドの支援を受けてIMGアカデミーに留学中という
まんま「錦織二世」の呼び声が高い選手だ。

うわ〜、東京2020には彼が五輪選手として有明に立っている
かもしれません!注目しましょう(写真はテニマガさんから)。

現在行われている上海マスターズ予選。
伊藤竜馬が73位ベンジャミンベッカーを破り、添田とともに
錦織が待つ本戦へ。杉田と守屋は初戦負け。
posted by goforit at 20:13| Comment(0) | ◆気ままな日記

2013年10月08日

差し入れいただきました

IMG_1363[1].JPG
有明でのジュニアの試合でベスト8に入った佐々木君。
前日雨混じりのコートで切れちゃったので夜に即張り。
翌日結果報告に来てくれたときに最中を持ってきてくれました。

次回はベスト4に入ることを目標にがんばれ!と励ましながら
一番大きな夢を持っていないと、東京2020で日本代表として
有明に立てないぞ〜とあおりました(まだ10歳くらい)。

その夢はなに?

「じょ、ジョコビッチにぃ、か、勝てるようになります!」

声上ずってるけど、いいぞいいぞ(笑)!


スカッシュで外人の男性が来店。
英語は話せるか?と聞くのでちょこっとならと返答。
すぐに張ってくれというので、はいはいと作業。

張り上がるころにカルピスウオーターを2本持ってきました。
外人がカルピスウオーター?へえぇ〜。1本くれると言います。

「I like it. You?」
「I like〜too」

アラブ系の顔立ちでデカイ外人なのに日本人的な差し入れ。
ちょっとほのぼのでした。

現在上海マスターズGaoraで生放映中。
錦織はデミトロフに6-3で先行。
添田はアルマグロに7-6(7-5) 6-2で惜敗。
posted by goforit at 20:50| Comment(0) | ◆気ままな日記

2013年10月09日

10月なのに真夏日?

昨日今日と夕方になるにつれて、汗かきながら仕事…。
「そろそろ冬に向うからテンション下げ傾向でいきますか」と
カウンセリングしたお客さん達に怒られそうです(汗)。

30度近い気温はちょっとびっくり。
先週はすごい寒い日もあったのになぁ。

上海マスターズでは錦織がまたメルツァーと対戦して、
またまたフルセットで下しました。
次は7シードのツォンガと。勝てるに違いない!
posted by goforit at 21:52| Comment(0) | ◆気ままな日記

2013年10月11日

ウイルソンの撥水ボール

今秋発売されたウイルソンのボールが面白い。

フェルトの繊維に撥水加工をすることで、水濡れしても
水分を吸わずに打球感が軽いというもの。
もちろん湿気からの影響が少なく、全天候型ボールといえる。

ストリングへの影響も少なくなる利点がある。
雨に弱いとされるナチュラルだけではなく、ナイロンや
ポリエステルなどのシンセティックでも雨からの影響は大。
濡れてとかではなく、ボールが水分で重くなるからだ。
水分によって重くなったボールはストリングを大きく
たわませて、ゆるみを早めてしまう。

撥水加工されたボールはストリングにも優しいといえる。

製品詳細は↓テニスクラシックのウエブページ
http://www.tennisclassic.jp/special/wilsonwebmagazine/products/ball_1308/index1309.html
posted by goforit at 21:57| Comment(0) | ◆ストリンギング

2013年10月12日

撥水ボールの続き

goforit-2012-04-20T23_14_39-1[1].jpg
撥水ボールについて調べていたら、再生ボールというものが
あるのを知った。手がけているのはサンアイという会社。
うん?どこかで聞いたことあるぞ〜。

ストリングの表面に塗るテフロン的なワックスのグッズの
ミラフィットを開発した会社です。
以前も紹介しましたが、現在製品が欠品中で、しばらく
納品を待っています。

同じようなコンセプトでボールに進出したようですね。
ウイルソンと撥水処理関連はあるのでしょうか。

エコボールについての資料↓
http://www.san-ai-world-tennisball.com/tikyukankyou-sinbun.html
posted by goforit at 19:37| Comment(0) | ◆気ままな日記