2012年11月02日

Trick or treat

agasi.jpg
今年はハロウィン時期にあちこちで仮装した人を見かけました。

さてこれは誰でしょう〜。

わかった人はブログにコメントしてね!
posted by goforit at 20:07| Comment(1) | ◆気ままな日記

2012年11月03日

ゴーセンはポリエステルもナイロン的

IMG_1175.JPG
ストリングは「ナイロンが一番適している」という考えを持つ
ゴーセン。
最近はナチュラルやポリエステル系などもラインアップして
いますが、本音はナイロンに特化していきたいでしょう。

時代の流れでポリエステル系の製品も出していますが
そこはゴーセンのこだわりがあります。

ナイロンにくらべるとポリエステルは「飛ばない」「硬い」
「スピンがかかりにくい」と感じる人が多いです。
ゴーセンが主力に推すポリエステル系ストリングは、その
デメリットをナイロン的に味付けしています。

それが写真のシリーズの変遷。
ポリロンフレックス→ポリロンコンフォート→エッグパワー。
共通している特徴はよく飛ぶ、柔らかい、スピンがかけやすい。
表面がラフ加工して摩擦が大きくなるように工夫されています。

そして近日発売の新製品はさらに進化したモデルが…。
入荷したらぜひお試しください。
posted by goforit at 21:10| Comment(0) | ◆ストリング情報

2012年11月04日

予選あがりの無名選手が決勝戦へ

yano.jpg
パリバマスターズで60位台のヤノヴィッツ(ポーランド)が
シモンをストレートで下して決勝へ進んだ。
第4シードのフェレールと対戦する。

早いラウンドで第3シードのマレーを破ったのはニュースに
なったが、相手が誰というよりマレー調子悪いのかという話。
ヤノヴィッツがすごいというのはそれほど話題にならなかった。
それは、チャレンジャーツアーでの出場が多かった21歳で
予選を勝ち上がってきた選手だったからだ。

しかしコールシュライバー、チリッチと撃破してきたからには
マレーを破ってもおかしくはない。
次のラウンドで第8シード、ティプサレビッチの棄権であがり
あれよあれよと決勝まで進んでしまった。

ビッグサーバーはハードで活きるから、調子にのせるとこわい。
一気に覚醒したのは去年の錦織を彷彿させる。
添田、伊藤、守屋だってチャンスはあるということ。
それを活かせる武器と勢いがあるかどうかだ。
posted by goforit at 19:09| Comment(0) | ◆気ままな日記

2012年11月05日

フェレールの強さ

m.jpg
予選上がりをストレートで突き放しパリバマスターズを優勝した
フェレール。

すごくショットが速いわけでもなく、体格に優れるわけでもない。
現代的なハードドライブからすると、10年以上前のトップスピン
ドライブなスタイルで、懐かしい印象すら感じる。
ミスをしないで攻めるポイントを待って仕掛けるという
抜群の安定感が彼の持ち味だろう。リターンもうまい。
それが結果として現れていて、今年のグランスラムではすべて
ベスト8以上に進出し、すべてのサーフィスで優勝をしている。
気がつくと、常に4強のすぐ手前にランキングされている。

最近ではフォアの回り込みにも「そこからフォアで?!」くらい
極端なポジションをとり、逆クロスへのコースもエグいところに
打ちこんでいる。でもスピードは速くない。

錦織より身長が低くてもここまでできる。
日本選手はアメリカに修行に行きがちだが、スペインテニスの
粘り強さや体格差がないところからも、日本人には合っていると
思うのだが。スパニッシュテニスアカデミーとか作ったらどう?
posted by goforit at 19:37| Comment(0) | ◆気ままな日記

2012年11月06日

ニッケ全日本でAKB始球式

haruu.jpg
ななんと、全日本で始球式〜?
それもAKBと選手がラリーするって。

CS・ケーブル放送の番組企画でのタイアップで行われたイベント。
対戦したのは日大三島高テニス部主将を務め、県大会団体3位の
実績もある島田晴香。お相手したのはランキング8位波形純理。

「AKB48ネ申テレビ」企画で2012年11月からJTA女子シングルス
ランキング入りを目指すこととなった(マヂ?)。
8日の25:00から、10日の12:00からそれぞれ放送される。

番組でテニスを特技とする高城亜樹と対戦し島田晴香が勝利。
以前その動画をYOUTUBEで見たときの印象では、勝った島田は
ソフトテニス経験者のようです。ボレーも軟式スタイルでした。
島田はさすがにフォアは思い切りがよく、高城がバックを
攻めきらなかったために押し負けた感じ。
高城亜樹はテニス推薦で都立松が谷に進学したらしいです。
都立高校で一番強い学校なのでけっこううまいはずですが。

日本テニスプレーヤーの頂点である全日本タイトルですが、
ツアー大会にくらべて地味な印象なので、タレントさんとの
タイアップでニュース露出するのも一般に知ってもらう方法ね。
posted by goforit at 19:21| Comment(1) | ◆気ままな日記

2012年11月07日

チェコの躍進

ちぇこ.jpg
今年のデビス杯とフェド杯に男女とも決勝まで進出したのが
チェコ。すでに女子は4日にセルビアを破り連覇を達成した。
男子は来週スペインと対戦する。

男子で現在の主力はデルディヒ、ステパネクら。
女子はクビトワ、サファロワら。

昔はチェコスロバキアとして、名選手を生み出してきた国。
現在では分裂して小さな国になったが、それでもテニスでは
才能ある選手が次々と登場してくる。
男子はコルダ、スミド、メシールそしてレンドル。
女子はマンドリコワ、スコバ、ノボトバそしてナブラチロワ。
ヒンギスも生まれはチェコスロバキアである。
マルチナの名は母国の偉大な選手のナブラチロワから。

チェコテニスとイメージできるプレースタイルがないことが
強さの秘密なのだろうか。歴代の選手を見るとクセのある
ストロークプレーヤーが多いかなという程度。
しかしそのクセは唯一のもので、強烈に印象に残る選手ばかり。
選手の打ち方やショットをすぐイメージできるものが多い。
社会主義国だったからには国のバックアップが強力だろうが
型にはめる指導法ではなかったのだろう。
素質のある選手を発掘して長所を伸ばす手法かと思われる。

現代の多種多様なスタイルの選手の国の代表はフランスだろう。
日本の指導法はアメリカを向いていて、ハードコート対応の
ストローク中心な気がする。悪いことではないが、画一的かな。
もっと人と違ったショットやタイミング、スタイルのプレーヤーが
現れるとうれしいのだが。
posted by goforit at 19:50| Comment(1) | ◆気ままな日記

2012年11月09日

「ドリームテニスARIAKE」再び

borg[1].jpg
昨年好評だった、東日本大震災復興支援の慈善試合が日清食品
協賛で18日(日)に有明で開催されます。

http://www.jta-tennis.or.jp/dreamtennis/2012/

日清食品所属プロの錦織圭が、元ランキング1位のヒューイットと
対戦するドリームシングルスや添田・貴男も参加するダブルスなど
魅力的な対戦が組まれています。
ミックスではボルグ・修造・神尾・吉田の組み合わせで夢の
対戦が行われます。

チャリティマッチなので、サインも気軽に応じてもらえるはず。
お勧めの席は審判台後ろのコートサイドゾーンです。
posted by goforit at 23:26| Comment(0) | ◆気ままな日記

2012年11月10日

全日本女子決勝

aki.jpg06[1].jpg
10代で早々にゴーセンの契約選手としてカタログに
写真掲載された若きホープ山外涼月が決勝で登場。
現在はテクニファイバー契約の様子。

あれ?人違いですか?

と思うくらい違っていてびっくりしました。
たぶん4〜5年前のカタログだったと思うのですが、そのとき
以来見ていなかったので、記憶と一致せず混乱しました。
親戚の小さかった姪っ子の変化に驚くおっさんの心境…(笑)。
まぁ、21歳にもなるとオンナはかわるのよ、おほほってね。

明日は男子決勝。
伊藤と杉田の対決ですが、ともに準決勝ではストレートで
スコアも圧倒して上がってきてます。
デ杯代表でのしびれる経験によって、貫禄がついたようですね。
posted by goforit at 20:15| Comment(0) | ◆気ままな日記

2012年11月11日

打点は人によってさまざま

025.JPG
競技は違いますが、ストリングの痛み方で打点がわかりやすい
例を紹介します。

左のテニス用ではかなりフェイスの下方向が痛んでいます。
右のスカッシュ用では上方向が痛んでいます。

フェイスは手のひらの延長なので、テニス用の持ち主は
手首に近いところが一番力を入れています。
これはフラットプレーを好み、ショットを押しだすイメージを
持っている証拠です。

スカッシュ用の場合は壁際で打たされる競技なので、先端の
ギリギリでヒットします。
そのために指先感覚が重要になり、壁にヘッドを滑らすように
ラケットを振ることもあります。

同じラケットを使用してもプレースタイルで打点は人それぞれ。
それに合わせて、打点の部分が一番快適になるように張るのが
ストリンガーの工夫となります。

つまり「張り方は同じではいけない」ということ。

go for it ! ではプレーヤーの打点をチェックし、それに合う
最適な打球感になるように工夫して張ることで、そのプレーヤー
専用のラケットに仕上げています。
カウンセリングをすることで、自分に合った打球感とはなにかを
気付いてもらうことから始めています。

まずはプレーヤーの希望を聞くこと。
そして相談のうえ、最適ポイントを提案すること。
さまざまな工夫をして仕上げることで完成します。
posted by goforit at 20:11| Comment(0) | ◆ストリンギング

2012年11月12日

そろそろX'masのセールを

恒例のクリスマス特別価格セットをお知らせします。

ナチュラルとシンセティックのハイブリッドでお張りします。
縦ナチュラル+横ナイロンマルチやモノ、またはポリエステルを
縦に横をナチュラルでも適しているスタイルでお試しできます。

コーディネイトはご相談のうえで澁谷が提案します。
商品はこちらで用意している中から決めさせてください。

スタートは11月26日(月)から12月7日(金)まで。
先着10名程度、おひとり様1本とさせていただきます。
価格は張り代込で5,000円。

ご来店お待ちしています〜。
posted by goforit at 19:55| Comment(0) | ◆お知らせ・イベント