2012年04月13日

デ杯プレーオフ、イスラエル戦日本で開催

先日クロアチアに敗れた日本。

抽選の結果、日本の対戦相手はイスラエルに。
ワールドグループ生き残りの最後のチャンスは日本で開催決定。
イスラエルはトップ100以内の選手が一人しかいませんが
国別ランキングでは11位と19位の日本よりは上。
惜敗だったクロアチアが7位だったので、ホームで対戦なら
チャンスは十分あります。

全米8月27日から9月9日
デ杯9月14日(金)〜16日(日)
楽天10月1日(月)から7日(日)というスケジュール。
デ杯の会場は未定ですが、ハードコートシーズンなので
やはり有明がいいなぁ。

PPOが9月21日から有明使用しているので、その前が空いているか
どうかですね。はたまた団体戦御用達のブルボンか?

日本選手がUSで活躍してその勢いで行って欲しいですね。
くれぐれも疲労や怪我ないことを祈りましょう。
posted by goforit at 23:15| Comment(0) | ◆気ままな日記

2012年04月14日

今年のゴールデンウイーク

今回はあまり飛び石にならないので大型連休な年です。
普通に9連休のひとが多そうですね。
円高だから海外旅行がお得かな。

go for it ! の営業予定は通常通りです。
木曜日以外はお仕事しています。
5月3日(祝・木)は検討中です。
正式なスケジュールは下旬に発表します。

ブログ見ている人は早めに張り替えにおいでください。
連休中は当店に慣れていないお客さんも多いので、
カウンセリングやフレームメンテナンスに時間がかかる〜。

じっくり丁寧に張らせてください。

連休直前に集中しがちなので、4月20日までに来ていただけると
大変助かります。
posted by goforit at 20:38| Comment(0) | ◆お知らせ・イベント

2012年04月15日

トアルソン新製品「ANGEL FILM」

angel[1].jpg
ナイロンマルチの打ち味が好きだけど、耐久性がない…。
しょうがなくポリエステルを使用しているけどつらい…。

ナイロンマルチで耐久性ある製品なんて無理だよね〜。
その無理難題にトアルソンが挑戦してとうとう発売されました。

それが「エンゼルフィルム」

ナイロンマルチのコーティングを新素材のフィルムで巻いた
ユニークな構造。リボンを巻きつけるスタイルは従来も
ありましたが、そこに使用するフィルムがこの製品の特徴。
フィルム業界は携帯やPCやTVディスプレイなどに多く使用され
技術革新が進んでいます。
耐久性としなやかさを両立した素材をストリングの表面に
使用することで飛躍的な切れにくさを達成できたそうです。

テストではポリエステルよりも切れにくい結果がでています。
だけど打ち味はナイロンマルチ。これって革命ですね。

すでに入荷しています。
張ったインプレや使用感は近日中に報告します。
posted by goforit at 19:58| Comment(0) | ◆ストリング情報

2012年04月16日

西武スポーツ時代のG.W.

かれこれ25年前。
まだ澁谷が駆け出しストリンガーとして西武スポーツ吉祥寺に
勤務していたころ。時代はバブル直前でテニスブームでした。
ラケットもそれほど安売りしないでもバンバン売れちょりました。

テニス部後輩を数名メーカー派遣バイトとして入れて、契約の
メーカーラケット売りまくれ〜と売り場に立たせておくと、
鬼のように売る。1日1万円のバイト給なのでノルマで必死です。
結果、おんなじラケットばかりが「張りあげ依頼」として澁谷の
張りブースに積み上がっていきます。

連休前には張り替えと購入分のラケットが山のようになります。
専任で張っている澁谷のキャパは1時間3本の仕上がり。
店舗の営業時間は決まっているので、その間に張れる本数は
およそ20本くらいがせいぜい。
1日のキャパを越えると仕上がり日がどんどん伸びていきます。
通常2〜3日後のお渡しで仕事していましたが、ピーク時には
1週間後になることも。それでもラケットは次々溜まっていく。
ホルダーラックに収納できなくなり、平置きになったラケットは
壁のようにそびえ、その間から顔をだすほどに。

毎年連休は訳わからなくなりながら仕事していました。
ほとんど分単位のスケジュール。20分計以内で仕上げるのが目標。
効率重視して同じフレームで同じ糸のものを連続で張り続けて
1時間4本ペースにあげながら、クオリティを落とさないように。
それでも30本は難しい。あと何本あるんだ?と確認する間に
増えていくラケット。ごはん食べるヒマなどないに等しい。
売り場で張っているとお客さんから呼ばれて仕事が進まないので
倉庫室に移動して作業したことも。




今ではその時のパニック寸前の状態にとどまりながら「正確に」
「迅速に」「丁寧な」作業をこなした経験が役に立っています。
そのときに足りなかった、究極にお客さん専用にまで詰めた
仕上がりのためのカウンセリングやフィッティングを、じっくり
やりたくて今のお店を運営しています。

1日の勤務時間が西武時代は7時間。いまは好きなだけやれます。
満足です。
posted by goforit at 21:52| Comment(0) | ◆ストリンギング

2012年04月17日

復刻イルカラケット

tr7940[1].jpgIMG_1055.JPG
トアルソンの銘品といわれたイルカが復刻されました。
「フォーティーラブ デルフィーノ」
つまり40-0ドルフィンです。

トアルソンというブランド名は、ウイルソンのストリングの
OEM生産を手がけていた東亜ストリングが敬意を表して
ウイルソンを模して付けた名称。

フレームもウイルソンテイストで自社アレンジを施した印象。
PWS的なサイドバランサーを付け、うすいフレーム厚で
しなりを持たせ、重量がありながらトップライト設計。
まるで昔のプロスタッフです。
まったく同じでは芸がないので、フェイス面積を101にして
「このスペックは本家になかった〜」と欲しかったゾーンを
狙って発売されていました。

マニアにファンが多く、廃番になった後もオークションで
高値取引されていました。
常連さんにもハマッって複数本所有している人が数人いました。

以前打った記憶では、柔らかいけどしなりすぎない腰がある
いい感じのラケットでした。
最近クラシックなフレームが少ないので貴重なモデルですね。

お客さんの注文で仕入ました。
欲しい方はオーダー承ります(他店並みにお安くしています)。
posted by goforit at 20:21| Comment(2) | ◆フレーム歴史館

2012年04月18日

フェド杯オーダー

01_l[1].jpg
今週末に近づいたフェド杯ベルギー戦。

今季で引退表明しているクライシュテルスは五輪と全英の
芝に専念するために全仏までもキャンセル。
もちろん今回のフェド日本戦も参加せず。

直前まで参加は可能だが、トップランカー3名が来日しない
ベルギーチームは最高位が200位代の選手で構成される。
ちなみにフェド杯での勝利をしたことがある選手もいない。

対する日本チームは一番低いランキング選手が194位の藤原里華。
全勝でホーム日本が勝利する可能性が非常に高い有利な対戦。
これに勝つと6年ぶりのワールドグループ1部復帰となる。

こんな試合を放映しないなんて…。WOWOWさんよぉ〜。
posted by goforit at 20:58| Comment(0) | ◆気ままな日記

2012年04月20日

注目素材シリコン「ミラフィット・アクセル」

IMG_1056.JPG
近年、ストリングの表面を滑らせることにより得られる
メリットが多いことに着目した製品が発売されています。

ストリングの動きを阻害しないことにより、スピンをかけた
ときにボールを包むように回り込みます。
さらに滑りがよいので、摩擦によってできる溝(ノッチ)が
減って切れにくくなります。
ストリングのしなやかさが感じられて、乾燥する冬季でも
フィーリングの低下が少なくなります。

それを発揮する素材がシリコン。

使用されて多く流通しているのはバボラのストリング。
ブラストなどがシリコンコーティングされています。

それに先駆けて10年ほど前から発売されていた、自分で塗る
タイプのメンテナンスグッズが「ミラフィット・アクセル」。
広島のサンアイという会社が開発した商品です。
ここが「ストリングを滑らせる概念」の元祖ですね。

靴ワックスのようなもので、ヒットする部分にすすっと
うすく塗りこみます。仕上げに指で伸ばすとよいでしょう。
後塗りなので1時間ほど打つとはげ落ちて効果が落ちますが
特にナイロンのマルチフィラメントに大きな違いを発揮します。
どのストリングにも使用できます。

価格は1,500円。約70回分使用できます。

以前はお試し版の「ミラフィット・スター」という小分け製品が
あったのですが、残念ながら廃番になってしまいました。
今後は増量版がでる予定があるそうです。
posted by goforit at 23:14| Comment(2) | ◆ストリンギング

2012年04月21日

フェド日本チーム2勝で王手!

IMG_1057.JPG
森田・伊達ともにストレートで完勝です。

ライブスコアでゲーム経過を見ていましたが、それほど
波乱もなく順調にカウントが進行していました。
伊達がセカンドで0-3とリードされたときは「おいおい」と
あせりましたが(笑)、しっかり追いついてそのまま押し切り。

http://live.fedcup.com/livescore.aspx?tid=100017596&lang=en

明日もこの調子でRubber3でキメちゃいましょう〜。

差し入れいただきました。
高中さんいつもごちそうさまです。
六花亭のレーズンバターサンド。
さっくりこってりでおいしかったです。
posted by goforit at 21:12| Comment(0) | ◆気ままな日記

2012年04月22日

速報:フェド日本チーム1部復帰!

森田がストレートで勝ってこれで3勝。
ベルギーを下してワールドグループ1部に復帰しました。

現在Rubber4の試合は奈良が登場。
ちょっと競っていますが、いい経験になります。

おめでとう!
posted by goforit at 15:19| Comment(0) | ◆気ままな日記

2012年04月23日

エンジェルフィルム インプレ

IMG_1062[1].JPG
トアルソンの新製品「ANGEL FILM」を張って打ってみました。
注目の商品なので、すでにお客さんも数名使用しています。

<張りのインプレ>
ナイロンのマルチフィラメントにフィルムをラップした製品。
張り具合は特に違和感を感じない。
ちょっと気をつけるとしたら、という点を探すと…。

通すときは引っかかる抵抗が多少ある。
ホールにもやや通りにくい。
柔らかな糸にありがちなコシがない印象。
しかしテンションをかけると一気にシャンとするので問題なし。

引っ張った時のストリングの伸びは従来のナイロンマルチと同じ。
仕上がりの面圧の出方も同じなので、これも問題なし。
ただし、伸びて気持ち細くなるようで、張りあがると表示よりも
細く見える。
クランプのメンテナンスを疎かにしていたり、太さに応じての
締め具合の調整をしないと滑る可能性がありそう。

<打ったインプレ>
球突きしてみるとマルチにしては打球感が軽い。
振動は少なめ。ちょっとホールド感は少なめな印象。
マルチのカテゴリーでは打球感はしっかりしている方だろう。

使用感は普通のマルチと大差はないが、印象的なのは音。
ボケた音がしがちなマルチとは違い、クリアな打球音がする。

スピン性能はまぁ普通。粘り感は少ない印象。

<製品の詳細>
難点はカラー。
ネイビーとナチュラルという表示になっているが、個性的な紺と茶

色っぽい銅色。ちょっとフレームの色相性が気になるところ。

なぜこの色?とメーカーに聞いたところ「フィルムの素材の色が
カッパー(銅)ぽいから」ということだった。
澁谷はテストでカッパーを張ったが、それほどヘンではなかった。
個性的な朱色だと思えばそうかなとも思える程度。
ネイビーは追加で色を乗せているそうなので、ネイビーのみ
ヒッティングポイントで色落ちする。
しかし、フィルム自体が丈夫で色落ちしても切れるわけでは
ないので心配ないそうだ。

テストではポリエステルと同等かそれ以上の切れにくさを達成。
毎日プレーするコーチレベルでも、1ヶ月切れなかったそうだ。
posted by goforit at 21:07| Comment(0) | ◆ストリング情報