2012年02月01日

ゴーセンFGシリーズ

IMG_0993[1].JPGIMG_0994[1].JPG
扁平のストリングという新たなジャンルを開拓したゴーセンの
FGシリーズ。うすいきしめんのような断面です。

画像はこちら
http://blog.goforit-stringer.com/pages/user/search/?keyword=%83p%83%8F%81%5B%83%7D%83X%83%5E%81%5BII

扁平にすることによりストリングがボールに対して回り込み
包むようにホールドします。それによってスピンをかける効率が
向上します。

ここで大切なのは、ストリングが滑るように動かないと効果が
なくなるという事実。
「扁平の平たい面」同士が縦横接しないといけないのです。
基本的にはボールを打つフェイスで、ストリングがねじれて
いないことが大切というわけ。

これを管理するのはとても手間がかかりますが、この手間を
かけるとかけないでは大違い。
すご〜く打球感が変わってしまうことでしょう。
当店ではヒットする部分をきっちり管理して張りますが、
他店ではツイストしているのが普通。

縦糸は扁平面を横になるように通します。
横糸は扁平面を上に向くように通します。
そのときに縦糸も上を向いて、正面に太い面で揃えます。

他店で張ったお客さんにFGシリーズの感想を聞くと「それほど
よいと思わなかった」という人がほとんど。
それに対して当店できっちり張ってみたら「すごくよい!」と
反応が全く変わります。

ストリングの性能を100%出しきって提供するのがプロってもの。
ここにこだわっています(というか当たり前のことなんですが)。

ナイロン素材のモノフィラメント、海島型、ポリエステル素材の
3種類でそれぞれゲージが2つあります。計6種類全部在庫中!
posted by goforit at 21:03| Comment(1) | ◆ストリンギング

2012年02月03日

デ杯クロアチア戦展望

いよいよワールドグループ復帰しての緒戦を迎えます。
来週の金曜日に兵庫県ブルボンビーンズドームにて。
復帰を達成したゲンがよい会場です。

錦織の全豪での活躍で早々にチケットが完売しているため、
ホームでの満員の応援に後押しされながらであれば、それだけで
日本チームに大変有利な状況です。

イワニセビッチに象徴されるクロアチアテニスは、高身長の
ビッグサーバーといったところ。ストロークプレーはそれほど
しぶとくはない印象なのですが今回のメンツはどうかしら?
注目の選手はドディグ(38位)・カロビッチ(46位208cm)・
ベイッチ(173位)・ゾブコ(ダブルス93位)と発表されました。

幸いにもランキング上位のチリッチ23位・ルービチッチ32位が
参加しないのでラッキーです。

たしかに錦織以外のメンバーをランキング的に見ると不利だと
されますが、そこはデ杯の特殊な事情が大きく影響します。
国を背負う気持ち、ホームアウエイの雰囲気、上り調子の勢い。
どれをとっても日本に有利でしょう!
クロアチアはトップ選手を選出しなかったところから勝ちに
きているとはいえないでしょう。

錦織がかたく2勝を稼げば、あとはダブルスか伊藤か添田が
踏ん張るだけ。インド戦の再現といきましょう!

WOWOWでライブ放映するので画面を通して応援しましょう。
posted by goforit at 23:17| Comment(0) | ◆気ままな日記

2012年02月04日

フェド杯日本王手

20120203at31b[1].jpg
シングルス1の森田49位、2の伊達87位ともに1stを取られながら
逆転勝ちして初日好スタート。あと1勝で勝利が決まる。
スロベニアには2010年負けているので今回は勝ちたいところ。
勝てば1部リーグへの昇格入れ替え戦に進める。

スロベニア選手のヘルツォグ36位、コラール247位をみても
それほど強敵ではない。最近で一番強かったのはスレボトニクか。
デ杯同様、ホーム開催国は観客が後押しをする効果は大きい。

スロバキアはクロアチアの隣国。
元ユーゴスラビアで「セルビア」「クロアチア」「スロバキア」
「マケドニア」「ボスニア・ヘルツェゴビナ」「モンテネグロ」の
6国からなる連邦国だった。ユーゴスラビアはテニス大国だった。
現在ではバラバラになった国々、民族や言語、宗教が全く違うので
かなり仲が悪かった。いまだに内戦やら紛争が多く起きている。
posted by goforit at 19:47| Comment(0) | ◆気ままな日記

2012年02月05日

<速報>フェド杯日本勝利!

現在4-0で勝ちぬけ決定しました。
フェド杯プレーオフに進出決定です。おめでとう〜!

日本は伊達に代わり奈良くるみ、スロベニアはコラールに代わり
ランプレとオーダーチェンジ。
森田は3-6 7-6(6) 6-1 これで進出決定!がんばったね。
奈良は6-4 6-4 で勝利してます。

ダブルスはこれからスタート。
posted by goforit at 15:59| Comment(0) | ◆気ままな日記

2012年02月06日

テクニファイバーストリング新色<テニス>

IMG_1012.JPG
3月上旬発売予定でTGV125に黒色が加わります。
写真は従来の生成りです。

最近発売されるのは黒か赤ばかりですね。
流行りの色ですが強そうなイメージばかり。
景気に影響されてはっきりとした色が好まれるのでしょうか。
ストリングでパステルカラーが流行ったのは、たしかバブルに
向かってたころだった気がします。

今までのテクニファイバーの柔らかな代表的モデルとしては
ターボ→コンペ・トーナ→バイフェズときてます。
プレースタイルやフレームの進化に伴って年々硬く変化。
現在ではこのTGVが後継機種ですが、柔らかさの点ではちょっと
硬すぎますね。ストリングは黒系の色目にすると柔らかくなる
傾向があるのでちょっと期待したいところ。
posted by goforit at 20:26| Comment(0) | ◆ストリング情報

2012年02月07日

錦織モデル「STEAM PRO」とジャンボ

jyannbo.jpg
正月放映の「とんねるずのスポーツ王は俺だ!!」を観た人は
笑ったタカさんの反則技、どでかい展示用ラケット。
ボレーのためにネットについて振り回していたが、なんと
味方が打ったボールが弾かれるという邪魔な代物(笑)。

なんとこれが一般販売されることに!
「STEAM PRO JUMBO」という名称です。
定価5万円なり〜(高いねぇ…泣)。

普通はラケット販売店にディスプレー用としてメーカーから
寄贈される販売促進ツール。売りものじゃありません。

2月末締め切りで6月ごろ納入の「受注販売」とのことです。
澁谷も入手してお店に置きます(注文しちまった〜)。

さて錦織使用によってスチームが注文殺到で大変なことになって
いるようです。担当者によると予測を越えるオーダーのために
通常は船舶使用で1ヶ月ほどかかる納入では間に合わず、急遽
コスト高覚悟で、航空使用して不足分を追加しなければ
ならなくなったそうです。

なんでも数十年ぶりの処置とのことですが、おそらく厚ラケの
先駆け「プロファイル」や「ハンマーHM」あたりのことでしょう。
今と違ってテニスブームだったころは売れる量のケタが違います。
それ以降のモデルも、ちょこちょことエアー便で間に合わせて
いたらしいですけど、昔とは規模が違うということかも。
それだけ今回のラケットは注目されているということですねぇ。

錦織効果でテニス業界が活性化することを期待します。
posted by goforit at 18:33| Comment(1) | ◆フレーム歴史館

2012年02月08日

スカッシュ用テクニファイバー新色

IMG_1013[1].JPGIMG_1014[1].JPG
グリーンカラーの305の新色で、黒がでました。

スカッシュ用ストリング「305+」
ゲージは同じ1.10mmと1.20mmです。
価格も同じで2,800円です。
構造なども同じです。

先日テニス用に新色黒がでますと報告しました。
スカッシュでもでましたねぇ。

テクニファイバーはテニスがブリヂストンが代理店ですが
スカッシュではファーストウエーブが正規代理店となります。
まったく別会社なので、取引がちょっと面倒です…。

年末から在庫切れしていたアッシャウエイ「パワーニック19」が
やっと入荷しました。これも黒です。今後、黒流行するのかな?
アッシャウエイの代理店は「黒以外の色はどうですか?」と
探ってきたので「いけまっせ!」と答えておきました(笑)。

商品の詳細はこのページ↓
http://blog.goforit-stringer.com/article/47227836.html
posted by goforit at 20:16| Comment(0) | ◆ストリング情報

2012年02月10日

デ杯1-1でダブルスに賭ける

dekai.jpg
添田の頑張りは素晴らしかったですねぇ。
1st、2ndは接戦で落としたがプレースタイルの似ている相手に
徐々に自分のペースをつかみだし、3rd、4thは取り返す。
ホームで応援団の後押し、日の丸を背負って勝てなきゃ
今後世界へ飛躍できない!
その期待に応えてファイナルは7-5で押し切った。

男だねぇ、ほれぼれしました。

錦織は世界最速記録サーバーのカロビッチと初対戦。
さすがに208cmの高さからのビッグサーブは未知の世界。
なすすべなく破れてしまった…。

明日はダブルスでカロビッチが出るらしい。
男子ダブルスは強力なサーバーが圧倒的に有利。
トップランカー同士ではサービスキープで試合が進むことが
多い競技。
日本チームがここでブレークするには、とにかくリターンを
渋く拾ってネットプレーからの展開に持ち込んでいくしかない。
長身選手は足元が弱いという定石通りにいけるかどうか。

最終日はカロビッチに1勝取られる可能性が高いので、
ダブルスでしっかり止めたいところ。
posted by goforit at 21:59| Comment(0) | ◆気ままな日記

2012年02月11日

打ち屋という仕事はどうでしょう

欲しかったダブルスは破れてしまった。
取った3rdの頑張りのペースでその後もいければ勝ちも見えたが
さすがにクロアチアチームも気合い入れなおし、押し切られた。

カロビッチのサーブがなぁ…。



以前から「こんな商売いかが?」と思っていたのが打ち屋。
アマチュアでもプロ並みに打てるショットを持っているヤツが
いますよね。サーブでもストロークでも。
試合となるとバランスが必要になるので、それだけでは勝てない
から戦績としてはたいしたことないんだけど、持ち球だけの
威力だけは半端ないというプレーヤー。

競技として試合に勝っていくには自分のスタイルを完成させる
ことが大切だけど、それ以上に相手のウイナーをどのように
攻略するかにかかってくる。
その打たれるウイナーだけを集中的に体験して、慣れたり
対策を練ったりする練習の機会が欲しい。

例えば深くて強烈なドライブを受ける、すごく鋭角に跳ねる
スピンサーブを受ける、伸びてくるフラットショットや
滑ってくるスライスなど。わかっていてもなかなか取れない。
このショットは並はずれたものを打てるってプレーヤー。
これだけなら打てる専門として、看板をかかげた打ち屋が
「あなたの練習台として打ちまくります」という商売。

けっこう需要あるんじゃないかなぁ。
トッププロのすごいボールって受けてみたいでしょ?
どフラットの200キロ近いファーストサーブとか。
怖いもの見たさだけでも体験するのにお金払ってもいいとか。
サーブだけならそれ打てるぞ、って人が開業する。
ごめんストロークは下手なんだ、っても問題ナシ!
サーブだけ打ってくれればそれで十分です、と割り切る。
予備校の先生みたいなもの。

そんな打ち屋がいたら、日本ジュニアや強化選手にも重宝かも。
世界に通用する打たれ強さや経験値を向上できるに違いない。

カロビッチのサーブは世界最高のもの。
それができる打ち屋はいないだろうけど、バレー出身者が
長身を活かしてスパイクで磨いたスイングを利用したサーブ専門
打ち屋になってくれればこれはありがたい。
テニスでは185cm越えでさえめったにいないからね。

あっ、朝礼台の上に立ってサーブ打ちこめば普通のプロでも
仮想カロビッチできたか…。やってないだろうけど。



明日のシングルスでなんとか連勝してほしい。
頑張れ日本!
posted by goforit at 20:55| Comment(0) | ◆気ままな日記

2012年02月12日

<速報>錦織勝って2-2

nisikori.jpgsoeda.jpgdaburusu.jpg
ストレートで錦織が勝って日本が2勝目。
これからの最終試合で勝利を願う!

錦織がユニクロ、添田がアディダス、伊藤がウイルソン、
杉田がバボラという個人のウエア契約。

デ杯チームオフィシャルがヨネックスで、ベンチジャケットは
スタッフも含め全員が着用。
JTAロゴと国旗がパッチで付いている。

デ杯専用として共通の「ジャパンレッド」で各メーカーが作り、
チーム団結を目指した。
背中にはJAPANの白文字で白いハーフパンツ。
ぱっと見は全員が同じウエアを着ているよう。
よく同じ色調に揃えたものだ。

頑張れ日本!
posted by goforit at 16:10| Comment(0) | ◆気ままな日記