2012年01月27日

ユニクロの錦織ウエア

20100712_914962[1].jpg
ユニクロと複数年ウエア契約をしている錦織。
4大大会優勝か、世界ランキング1位で数億円ボーナスが付く
そうなので、次回へのモチベーションも高まりますねぇ。
シューズ契約のアディダスがウエア権獲得に乗り出すかも、
という噂もあるほど注目されています。

カジュアルアパレルのみだったユニクロが、錦織効果で初の
スポーツウエアの商品化を検討しているようです。
テレビ番組で錦織の活躍が報じられることが多くなった最近
「テニスウエアはないの?」という問い合わせが増えて、
そろそろ出しましょうかという雰囲気になってきた模様。

「ウルトラライトダウン」で錦織が着てプレーしているCMも
流れているために、影響されて澁谷も所有しています(笑)。
すごく軽くてよいです〜。
錦織ゲームシャツも従来より28g軽量化を図った127gという
驚異的な軽さ。テニスウエアってそんなに軽いほうがいいの?

野球をやってた常連さん曰く。
「軽さはとても必要な要素です。野球のアンダーシャツは
袖ぐりの縫目をロック縫いしています。見たところ、錦織の
ウエアも袖がロック縫いされてますよ。相当軽量化できるんです。
さらに縫目が表面に出るために汗をかいても肌へのこすれが
ほとんどなくなります。SSKが特許を持っていたはずです。
ユニクロもそこで作っているんじゃないかなぁ。
そうだとすれば、アームホールを利き腕側で大きく作るはずです。
錦織はプレー中そでを気にするしぐさをしますよね。
彼用にパターン作るとしたらその部分大切です」

饒舌に語りますね〜。軽さって大事なんだ。
写真はそのロック縫(右)と通常縫のサンプル。

陸上選手のお客さんも「陸上用ランニングパンツも縫い目が
表向きですよ。すれないように」

ほほぉ。
posted by goforit at 20:53| Comment(0) | ◆気ままな日記

2012年01月28日

アザレンカ優勝

IMG_1011[1].JPG
初のグランドスラム優勝とランキング1位の座を得る。
それにしてもシャラポアにストレートセット、最後は
だんごで押し切るとは思わなんだ。

男子は鉄板のビッグ4が残る。
好調だと思われていたフェデラーとマレー敗退はびっくり。
個人的にはこのカードで決勝かと思っていたので。
ジョコVSナダルの決勝は明日の夕方。どうなるか!

差し入れいただきました。
北海道名産展のおかき。
いつもありがとうございます、池内さん。

それにしても朝の地震は驚いた。
立川断層が震源らしい。って、すぐそばじゃないですか!?
posted by goforit at 20:49| Comment(0) | ◆気ままな日記

2012年01月29日

ヘッドのグリップ土台

IMG_1008[1].JPG
パレット式と呼ばれます。

現在もっとも一般的な土台は、ウレタンなどの樹脂系を
タイヤキのように型に流し込み焼く方法です。
軽量化を図るモデルではこれさえもなく、フレーム壁が土台に
なっているタイプもありますが、市販されているほとんどが
タイヤキ方式です。

樹脂の密度によって強度や重量が決まるので、コストを
抑え目にしているモデルは土台が弱い印象があります。
キメが粗かったり、表面が波打っていたり、エンドキャップの
クギ(ステープル)を打ってあるところから崩れたり。
キメが細かいメーカーは国産のヨネックス。
土台はすばらしいけどレザーを貼るために使用しているのが
両面テープではなく接着剤。
これがよろしくないためにせっかくのいい仕事が台無し(笑)。
グリップレザー交換時にレザー裏が剥がれて土台に貼りつき、
削除するのに大変苦労します。

一方パレット式はヘッドで昔からよく見られる方法です。
パレットはサイズごとに用意されていて、フレームハンドル
部分にパコッと、上下からはめ合わせます。
パレットがウエハースのようにとても軽いので、ウレタン樹脂
使用よりも軽量化をはかるために採用されているのでしょうか。
貼り合わせが甘いとギシギシ音が出ることもありました。
キメが粗いのでちょっと崩れやすいのでエンドキャップが
グラグラしたりしやすい。
パレット交換はメーカーにださないといけないので面倒。
出したことないけどいくらかかるんだろう?

その他のメーカーではプロケネックスにもあった気がします。
プリンスではゴム素材のパレット式がありました。
ライトニングなどのCTシリーズではほとんどが採用されていて
振動吸収を目的としているようでした。
ゴムは重量があるので、軽量化が進んだ最近ではまったく
お目にかからないですね。

グリップレザー外すとそのラケットの素が見えてきます。
posted by goforit at 19:04| Comment(0) | ◆フレーム歴史館

2012年01月30日

バウンドテニスにゅーす

20120129020jd[1].jpg
澁谷が仙台に住んでいた3年間、愛読していた地元新聞の
「河北新報」からの転載。バウンドテニスの記事がありました。

多摩地区にはプレー人口が多く、生涯スポーツとして盛んな
ラケットスポーツです。
張り替えをしていると「それはジュニア用?」と間違われます。
たしかに見た目はジュニア用テニスラケットに見える。
ボールはソフトテニスに似ていますが、へそ(エア注入口)が
なく一回り小さいサイズです。

第21回岩手・宮城バウンドテニスダブルス大会(岩手県一関市
バウンドテニス協会、河北新報社主催)が29日、一関市総合体育館
で開かれ、岩手、宮城両県から出場した55チーム110人が熱戦を
繰り広げた。

男女別にフリー(年齢制限なし)、ミドル(45〜59歳)、シニア
(60歳以上)の計6部門で行われ、予選リーグと決勝トーナメントで
日ごろの練習成果を競い合った。

バウンドテニスはテニスコートの6分の1大の専用コートを使い、
ペアの選手が交互にボールを打ち合うスポーツ。
posted by goforit at 18:10| Comment(0) | ◆気ままな日記

2012年01月31日

1月も終わりですか

neko[1].jpg
早いですね〜。
今年も12分の1が終了したのかぁ。



スタートが猫モノレールで、エンドは…








猫ティッシュ箱(笑)。
posted by goforit at 18:28| Comment(0) | ◆気ままな日記