2012年01月16日

トミックがんばれ〜

tomikku.jpg
うう、寒い…。おしっこ近い…。
北半球東京は真冬の寒さでペギラが来襲したかのよう(笑)。

南半球のオーストラリアは真夏というわけで気温31度!
全豪がスタートしました。

澁谷がもっとも注目の37位バーナード・トミック(豪)19歳。
ぬるぬるとしたラリーをしながら、たまにドカンと打つ
ストレートが相手の意表を突く、ユニークな選手。

錦織も活躍した直前のクーヨンではエキシビションながらも
格上ベルディヒ、モンフィス、フィッシュを破り優勝。

本日行われた全豪緒戦もベルダスコを2セットダウンから逆転
して勝ちました。いいぞ〜。
posted by goforit at 19:22| Comment(0) | ◆気ままな日記

2012年01月17日

寒いとストリングが

かれこれ1カ月ほど雨が降っていない東京。
乾燥しまくっていますねぇ。
気温も10度以下があたりまえで、プレーしててもシンシンと
冷え込むと常連さんがグチっていました。

乾燥も低温もストリングのパフォーマンスを低下させます。

乾燥によってストリングの滑りが悪くなり、縦糸と横糸の
摩擦が増えて溝ができやすくなります。
いつもより切れやすくなり、変な所でも切れることがあります。

低温によってストリングの柔軟性が減って、ボールを包む
ための余裕がなくなります。
オフセンターでの打球感がいつもより固く感じて、のっかりが
少ないからガツン!というショックも大きい。
そのうえにボールが飛ばないのでかなりストレス感じます。

冬に備えて3〜5ポンドほどテンションを下げた人たちも
「今年は下げても飛ばない!」と困惑気味。
だからといってもっと下げると違和感が出てしまいます。

とにかくスイートエリアで捉えることと、無理やり飛ばそうと
せずコントロールショットの修行に転換するとか。
なるべく新しいボールを使ってプレーすることも有効でしょう。
posted by goforit at 18:36| Comment(0) | ◆ストリンギング

2012年01月18日

FutsalParaisoKokubunji屋外コート

FutsalParaisoKokubunji屋外コート

初打ちでも使用した国分寺のテニスコートで撮影されたものです。
Fan+(ファンプラス)という「JTAテニス!オンラインEX」の
コンテンツ紹介動画。
おお、NTTのタワーが見えます。

http://www.youtube.com/watch?v=PrAgtjZVLy4&context=C3ea65fbADOEgsToPDskKEmJkfy
posted by goforit at 19:11| Comment(0) | ◆気ままな日記

2012年01月20日

エアケイ封印?

えあ.jpgけい.jpg
アガシやロディック、マレーを指導したことで有名な、
錦織の専属コーチ、ブラッドギルバート。
最近、錦織に「エアケイやドロップショットなんかやるな!」と
きついアドバイスをしたらしい。

錦織の代名詞のエアケイや意表をついたドロップショットは
彼の紹介映像ではたびたび登場する。
ところがギルバートいわく「エアケイは不安定なショット。
けっしてトッププロに通用するとはいえない。ドロップも
確率的に半々の状態なら、使用することはクレバーではない」
と考えている様子。

これからトップ10入りを目指すなら、もっと王道のスタイルを
極めるべきだと説いたんでしょう。同感です。
錦織本人もエアケイに関してはパフォーマンスだと明言している
ので納得でしょう。
厳しい接戦では披露してないしね。
アニメやマンガに登場する魔球よりも本物のスーパーショットを
追い求めて欲しいと思います。

それじゃぁ華がない?そうかな〜。
posted by goforit at 21:55| Comment(0) | ◆気ままな日記

2012年01月21日

修造越え「佐藤次郎」に並べるか錦織

01[1].jpg
全豪ベスト16に進出、日本選手としては80年ぶり。
その目標となる日本人とは昭和初期の有名な選手、佐藤次郎。
なんと世界ランキング3位まで上り詰めたすごい人です。
当時はポイント制ではなく評論家が選んだ順位だし、競技人口も
現在の規模とは比較にならないとしても…。
それだけ活躍が顕著、印象的な選手だったということですね。
ちなみに2位は英国テニスの神「フレッド・ペリー」(おぉ〜)。
そのペリーに全仏で勝っているから本当に強かったのよ。

シングルスでは全豪・全仏・全英にすべてベスト4まで残る。
ダブルスでは全豪・全英で準優勝している。信じられない記録。

話題になっている80年前の全豪のデータをみると…。
うぉ!ハリー・ホップマンと準決勝であたってファイナルセット
6-4で負けている。ホップマンキャンプで有名な、テニスドリルの
先駆者ですぜ。すげー。
んんっ、ドロー数が少ない気が…。1回戦参加者が8名って。
ベスト4って緒戦突破しただけですやん。
ほとんど選抜ドローみたいなもんか。マスターズファイナル的?

錦織は、記録的にはまだまだと世間では思われているでしょう。
日本選手として最高位更新、ベスト16進出80年ぶりなど。
修造時代より佐藤次郎時代より厳しいツアーを戦っている中で
この成績はもっと評価されてもよいと思いますがね。
数字がすべてなので、しっかり記録をつくって、誰からも
「歴代日本一」と認識されるようにがんばってほしいにゃ〜。
posted by goforit at 19:27| Comment(0) | ◆気ままな日記

2012年01月22日

錦織、明朝ツォンガと対戦

2958_1[1].jpg
外シードの壁を崩せるか錦織。
午前9時から注目の対戦です。

本日の五輪用ミックスダブルスペアの伊達との試合も勝利。
気持ちをシングルスに切り替えて活躍を望みます。

ツォンガとは直近のエキシビションで対戦して勝っていますが
相手は調整中で勝ちにこだわっていなかった模様。
ただ何回か対戦したこともあり、それほど苦手にしている
わけではないので、期待できるカードです。

勝利への祈りを豪州に届けましょう!
posted by goforit at 19:43| Comment(0) | ◆気ままな日記

2012年01月23日

<速報>錦織がツォンガを下す!ベスト8入り

日本時間午前11時ころからスタートした8決戦。

1stはツォンガの勢いに圧倒されて、早々とブレイクを許して
あっさり取られる。ファイナルまで競ることが多い錦織。
スロースターターなところは相変わらず。

しかし2ndからは錦織ペースで、ツォンガが次第に自信を
失いだす。コートサーフェスが暑さのために痛んで試合が
中断したアクシデントが、錦織に平常心を取り戻させたか。
ツォンガはスタート時にヘアバンドの上にキャップをかぶって
いたが、キャップを取り、そしてヘアバンドも取っていく。
落ち着きのなさや苛立ちが下向き加減な表情に現れていた。
2nd、3rdは錦織の一方的な展開であっさり取り返す。

錦織2-1とリードした4セット目からは、両者疲れからか集中力が
欠け始める。水分も5リットル取るほどの暑さ。
後がないツォンガがリードしてこのセットをもぎ取る。

ファイナルセットは早めのブレイクを取りたいところ。
錦織のサービスゲームはエースがあまりないにもかかわらず、
ポイントでは終始リードして危なげない。冷静でプレー。
対してツォンガはエース頼み。ポイントは競ることが多い。
錦織は2-1からツォンガのサーブをラブゲームでブレイク成功。
ここからギアを一気にあげて、突き放して勝利した。

おみごと!
posted by goforit at 14:26| Comment(2) | ◆気ままな日記

2012年01月24日

マレー戦は明日の16時半以降スタート

photo_120123_01[1].jpg
上海以来となるマレーとの対戦。その時もツォンガに勝って
マレーに挑んだ。その後の錦織はジョコを倒すなど、頭角を
現わしだしたので、成長した今回はリベンジしたいところ。

マレーと錦織は同じ「ギルバート一門」の兄弟弟子にあたる。
当然指導が進めばプレースタイルが似かよってくるだろう。
相手がジレるところまでしっかり粘るのはお手の物の二人。
違いはサーブとリターン力の差になる可能性がある。
楽天ではダブルスで対戦しているが、マレーと錦織の差は
この部分が大きかった。
勝機があるとしたらしかけを早めにすることだが、中途半端に
なると鬼のようなカウンターを喰らうことになる心配。

昨年は中国のリー・ナが全豪で準優勝のあと全仏で頂点へ。
アジア人として男女単初のグランドスラムタイトルを獲った。
トップ10入りして攻略される対象になる前なら、ダークホース
的な存在として決勝に上がれる可能性が高いのである。
錦織も「男子のリー・ナのようになりたい」と語っている。
スターは急に登場するもの。昨年夏以降の錦織は成長著しい。
優勝するなら今年。できれば今回の全豪で!

ロッドレーバーアリーナでマカロンVSシャラポン戦の後。
現地時間14:30以降にスタート。日本時間では16時30分となる。

マレーは相手が途中棄権したために体力を温存できている。
それに対して錦織は本日伊達とのミックスに登場したが敗退。
今週フルセットを多くこなした錦織は体力回復がカギとなる。
連戦の疲れを聞かれた錦織は「意外とない」と答えたが、
疲れてますぅなんて絶対言わないのは当然だし(笑)。
マッサージたっぷりしてもらって、気合い十分で頑張れ〜。

夕方で日差しも和らぐ状態はどちらに有利となるか。
マレーかなぁ?いやいやそんなこたぁ、ない!
posted by goforit at 19:21| Comment(0) | ◆気ままな日記

2012年01月25日

<訂正>錦織戦、本日正午から

時間を間違えました〜(泣)

日本時間は正午からの予定です。

時差計算を足してしまった…。

●●地上波でも放映決定!●●

NHK総合 25日(水)午後1:05〜終了まで
再放送は翌日午前00:15〜2:07の予定
posted by goforit at 03:33| Comment(0) | ◆気ままな日記

<速報>錦織残念ストレート負け

ベスト4をかけた準々決勝。第4シード、マレーとの対戦。
6-3、6-3、6-1で力尽きた。

立ち上がりの悪さは相変わらずでいきなりブレーク3-0となる。
やっと目が覚めた錦織は意表をついた股抜きロブを決める。
これで一気に観客が錦織の応援について、サービスキープする。

突き放したいマレーはサービスゲームで力の入った最速サーブを
打ちだして押し切り4-1。流れはマレーが支配して6-3となる。

我慢比べも予想されたが、両者テクニックの応酬でただの打ちあい
ではなく、リズムに変化をつけた見応えのある展開になってきた。
1stはジュースになるゲームが多かったが、マレーが挽回して
奪い取ってしまう印象がある。このあたりはキャリアの違いか。
ポイントは取られてもゲームは落とさない「負けないテニス」を
行っている感じ。4強の貫禄だろう。

その後のセットもゲームカウント先行をゆるす展開。
マレーがじれてこない。精神的に崩れてくれないと、格上を
揺るがすチャンスが巡ってこない。

最後までペースを握れずにストレートで散った。

トップ10に入るためには、ポイント先行とセットの取り方を
極めることが必要だということを確認した一戦だった。
posted by goforit at 15:27| Comment(0) | ◆気ままな日記